飲食店の経営には優秀な人材が欠かせません

飲食店の経営には資格は必要ありません。だれでも開業できます。しかし、誰でもが開業できるからと言って、誰しもが成功するわけではありません。飲食店の多くは店が流行らずに潰れていく道を辿ります。特に都市圏の飲食店事情は最近では厳しさを増すばかりです。オープンしてから半年も経たないうちに潰れてしまうといったケースも珍しくありません。飲食店の経営で重要なのが集客です。まずはお客を集めないことには何も始まりません。集客するためには、お店の宣伝をしなければなりません。お店の宣伝は決して簡単なものではありません。なぜかというと、それには多額のお金がかかるからです。例えば、新聞の折り込みチラシに宣伝を載せるのには、数十万円かかります。しかし、その費用の分だけの効果はあります。新聞の折り込みチラシは、多くの人が見るので、自然とお店にお客が集まるようになります。また、ラジオやテレビに広告を載せるのも有効な集客方法のひとつです。特にテレビは見る人も多いので、お客を集める効果はかなりあります。しかし、その分、広告費もかなり多く取られます。3秒のスポットCMで30万円はかかります。またラジオで、宣伝を流して、お客を誘うという方法もあります。こちらはテレビよりも広告費は安く済みますが、聞いている人がテレビを見ている人より少ないため、お客を集める力は若干弱まります。

しかし、こうした多額の宣伝費をかけてもお店で提供されるサービスが満足のいくものでなければ、お客さんは離れていきます。一回お店に来ただけで、リピーターにはなってくれません。お店を繁盛させるためには、お店に何度も足を運んでくれるリピーターになってもらう必要があるのです。またどのような物件で商売をするかも大事な要素です。お客を集める戦略を上手にたて、良い人材を獲得することがお店を成功させる秘訣です。

飲食店の経営を成功させるためには、優秀な人材の確保が欠かせません。一番大切なのは料理人です。これはお店の要ともいえる存在です。料理人の腕がよければ、提供される食事も美味しいものになるので、お客さんがきてくれます。腕の悪い料理人を雇ってしまえば、提供される料理はあまりおいしいものではなくなり、お客は来なくなります。なので、こうしたところで、妥協してはいけません。まず、なにより大切にしたいのが、腕の良い料理人を雇うことなのです。

次に重要なのが、お店のホールを担当するウェイターやウェイトレスです。飲食店はサービス業なので、ウェイターやウェイトレスはお客様に奉仕するという精神が必要です。何よりも、お客様の喜ぶ笑顔が見たいと考えるウェイターやウェイトレスが必要になってきます。またウェイターやウェイトレスには、細やかなな気配りも必要です。お客様が何を欲しているかを先取りして、そのお客様のためを思って行動するウェイターやウェイトレスが必要です。ウェイターやウェイトレスを雇う際に、特に資格を気にする必要はありません。ウェイターやウェイトレスをやるためには資格が必要というわけではないからです。お客様に対して自然な笑顔の出せるウェイターやウェイトレスを雇うべきです。

飲食店の経営を成功させるためには、どこに、お店を開業させるのかも重要な要素の一つです。極力、人通りの多い通りに面した場所にお店を立てましょう。そのほうが、お客がお店に足を運んでくれやすいからです。しかし、こうした物件は若干値段が高めです。資金が豊富にあるのなら、こうした場所を選ぶことも大切ですが、あまり、資金がない場合は郊外にお店を建てるのもありです。郊外にお店を立てる場合には、戦略的に、駐車場を広く確保しておく必要があります。現在は車社会なので、駐車場のあるのとないのでは、集客力に大きな違いが出ます。ですので、郊外にお店を構える場合には、駐車場は絶対に必要なのです。

小宮生也が病気予防対策を伝授!